栗の渋皮煮で!栗のミニモンブランケーキ♪

こんにちは。トレトレです。

先日栗を大量にいただいたこともあり、栗の渋皮煮をまず作り、それをスイーツに流用してみました。

栗の渋皮煮は、裏ごししないと、モンブランでは目詰まりしてしまうので、ミキサーなどを使った場合でも、出来れば裏ごしはして下さい。

モンブランの口金の穴は大きかったとしても、クリームが目詰まりすると、綺麗に絞れません。(-_-;)

ということで、今回は久しぶりの更新となりました。

栗の渋皮煮がなければ、マロンペーストを買うと楽で良いかもしれません。

今回はケーキ生地をシフォン風にして、ロールケーキ型で焼いたものをセルクル(丸いクッキー型のようなもの)で抜いてみました。

後は、クリームを絞るだけなので、割と短時間で作ることができます。

それでは、レシピです!

栗の渋皮煮で!栗のミニモンブランケーキ♪.jpg

材料:(6cm・8個分) 所要時間:約1時間

★ケーキ生地
卵…3個薄力粉…50g砂糖…50g
サラダ油…20g牛乳…20g 
★ホイップクリーム
生クリーム…80cc砂糖…大2 
★マロンクリーム
栗の渋皮煮…正味200g渋皮煮のシロップ…50cc生クリーム…100cc

作り方:

  1. 卵白と卵黄を別々のボールに入れ、砂糖も卵黄用と卵白用に半量ずつに分ける。
  2. 卵白に砂糖をひとつまみ加えて泡立て始め、クリームくらいの硬さになったら、残りの砂糖を
  3. 二回に分けて加え、ピンと角が立つまで泡立てる。
    (メレンゲ)
  4. 卵黄のボールに卵黄用の砂糖を全量加え、もったりとして白くなるまで泡立てる。
  5. 牛乳とサラダ油を一緒にレンジで20秒ほど温め、卵黄のボールに少量ずつ加え、その都度良く混ぜ合わせる。
  6. オーブンを180度(時間は10分)で予熱を開始する。
  7. 卵黄のボールに粉を全量ふるいながら加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
  8. 卵黄のボールの中身を卵白のボールに全量入れ、ゴムべらに持ち替えてさっくりと練らないように混ぜる。
  9. ロールケーキ型にオーブンシートを貼りつける。
    (22×28cmくらいのケーキ型のサイズになります。)
  10. ケーキ型に生地を流し入れ、上からトントン落とし、大きな気泡を取り除く。
  11. 180度のオーブンで10分焼く。
  12. ★マロンクリームの栗の渋皮煮は、小さく刻む。
  13. その後、渋皮煮のシロップと共に、ミキサーなどにかけ、攪拌する。
  14. 栗の渋皮煮は、一度裏ごしする。
    (粒が残っていると、クリームが目詰まりしますので、裏ごしは出来ればして下さい。)
  15. 裏ごした渋皮煮と生クリームをもう一度ミキサーにかけ、クリーム状になるまでしっかりと攪拌し、マロンクリームを作る。
    (クリームが柔らかいようなら、別途泡立てて下さい。)
  16. 冷めたケーキ生地をセルクル(今回は6㎝)などでくりぬく。
  17. ★ホイップクリームの生クリームと砂糖を固めに泡立て、ケーキの上に絞る。
  18. マロンクリームもモンブランの口金をつけ、ホイップクリームの上から絞り出す。
  19. トップに栗の渋皮煮(分量外)を飾って完成!!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント